2012年05月06日

結局、日和田山〜物見山〜鎌北湖〜武蔵横手 三角測量の選点作業を垣間見る

今年の連休は雨が多く、晴れ間は今日(5月5日)しかありません。連休と新緑、一年で一番すがすがしい気分の山歩きは今日が一回限りのチャンスです。今度の山歩きは、是非ここにしたいと思っている山がありました。棒ノ折山です。ところが雨天が続き、名栗方面からの沢歩きを考えていたので、脚力調整中と言う事もあって今日は仕方なく中止です。そんなことで今日は東吾野〜ユガテ〜鎌北湖〜武蔵横手の普通ハイキングコースにする事にしました。ところが、東吾野まで車で行って駅前に駐車するつもりでいたのですが、駐車場は既に満車(4台しかないので仕方ありません)高麗まで引き返して、日和田山〜物見山〜北向地蔵〜鎌北湖〜ユガテ〜東吾野のつもりで進んだのですが、結果は道を間違えて次のとおり。日和田山〜物見山〜北向地蔵〜鎌北湖〜北向地蔵〜武蔵横手となってしまいました。

course_kam.jpg

(西武鉄道ハイキングマップ参照)黄緑が当初予定のコース、赤が実際のコースです。総距離数は同じくらい15kmでしょうか。

24-5-5 001.jpg

 24-5-5 003.jpg

金刀比羅神社から日和田山山頂は混雑していました。次に物見山に向かいます。

24-5-5 006.jpg

 24-5-5 008.jpg

物見山から北向地蔵へ北向地蔵から鎌北湖方面に下ります。途中舗装された林道を横断し、山中に入って鎌北湖まで下ります。途中の山道は連日の雨天のせいでぬかるんでいました。陽だまりに青大将を発見、数分後にまた発見。蛇に遭遇するのは久しぶりです。

24-5-5 009.jpg 

24-5-5 011.jpg  
舗装された林道から鎌北湖方面へ降りる。

24-5-5 014.jpg 

24-5-5 015.jpg

新緑の間に鎌北湖が見えてきました。鎌北湖を回ってユガテ方面に向かうつもりでした。道標にユガテは書いてなかったのですが、顔振峠と書いてあったのでこちらだろうと思い進みましやが、鎌北湖を巻いて登って行きます。用意していた地図とは方向が違います。 舗装整備された林道を進んでいました。
良く考えてみたら、さっきの道標は車で、顔振峠に行く為の案内でした。

24-5-5 018.jpg 

24-5-5 019.jpg

北向地蔵の下あたりを林道経由で過ぎ武蔵横手方面の道標に従って進みます。途中林道から南方面の見晴らしが素晴らしかった。小生は仕事柄か、性格上か、地図上でどのルートを取っているのかが、完全に解らないと気済まず、地図が不正確なのか、細かな事が書いてないのか、地図上のどのルートなのか一部判らなくなったところがありました。最後は沢に沿った道で、五条ノ滝を、経由して行く訳だからこちらだろうと選択したルートと地図上示されたルートは結局あとで合流そこで、どのルートをたどったか納得です。山歩きが初心者の小生にとっては当初決めたルートを是が非でも歩く事が良いと思って、山歩きブックの細かな情報も漏らさず、確認しながら歩きました。しかし、ガイドブックに示された個別のルートを繋いだ再度の訪問では別ルートで示された山と山を位置関係が実感できます。山歩きに慣れてくると大体の山の位置関係でルートが判るようになるのでしょう。三角点の選点で重要な事は、先ずは山道を熟知する事。この事が実感できます。 

 

五条の滝を見て後は武蔵横手駅に向かいました。

posted by 雙木行雄 at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日和田山・物見山